隆太窯アルバム

唐津は見借の山奥、隆太窯の器や四季を日々の生活とともに。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
おすすめ
アルフォンシーナと海
アルフォンシーナと海 (JUGEMレビュー »)
波多野睦美&つのだたかし,波多野睦美
これまで
スタッフ
 
top   |  work   |  blog   |  exhibition   |  access   |  link   |  gift   |  concert
唐津くんち

唐津っ子たちが一番楽しみにしている日、それが唐津くんち。

 

11月2,3,4日の三日間、華々しく開催されました。

 

昨年、ユネスコ無形文化遺産に登録され、益々勢いづいています。

 

今年はお天気にも恵まれ、また、けがもなく無事に終えました。

 

 

 

揺れるポニーテール・・・一番小さな女の子もがんばりました!(身内贔屓です)

 

 

 

 

 

さて、来年のおくんちまで、あと360日だ!

 

 

 

 

夏の食卓

たっぷりの氷水で冷たく冷やされた向附・・・。

 

これは・・・・?

 

 

はい、太亀さんの仕事。

 

 

 

 

 

鱸を料理してくれました。

 

夏の食卓です。

 

 

皮も、コリっとして大変美味しかったです。

 

 

夏といえば、もずくも良く頂きました。

 

もずく、酢の物、どちらも元気で長寿の食材ですね。

 

 

 

 

こちらは、イサキのカルパッチョ仕立て。

 

綺麗な盛り付けです。(太亀さん作)

 

 

 

小松菜のお浸し(からし風味)。

 

さっぱりとしたものが頂きたくなりますね。

 

 

 

そして、新鮮なトウモロコシをつかったトウモロコシのチヂミ!

 

ナカ先生のところで頂き、真似したところ、うまくいきました。

 

夏のメニューが広がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、間引き胡瓜のもろみ添え。

 

勿論、カリコリと頂きました。

 

 

 

茄子、肉厚ピーマン、モロッコ豆の煮浸し。

 

 

 

 

そして、疲れた時の、甘酒。

 

 

 

夏のメニューが続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

夏到来!!

8月に入り、記録的な猛暑が続きました。

 

春のころとは違って、真っ青な青空が広がります。

 

(黄砂は飛んでいません)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梅干しも、からっからに乾きました。

 

 

 

今年も紅く色づいて…。

 

 

 

 

煮出したお茶は、水辺で冷まします。

 

 

 

 

夏の隆太窯は、轆轤場以外は、エアコンで何とかしのいております。

 

ただ、エアコンの無い轆轤場は、とてもとても厳しい労働環境でした。

 

室内気温は、32度。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見た目には涼しい、よしずをかけて、朝日を遮ります。

 

 

そして、こうなると毎日の楽しみは、これ!

 

 

 

 

 

ふわふわの、かき氷。

 

メニューは・・・

 

宇治金時、金柑シロップ、いちごシロップ

 

お代わりして頂いて、ようやく頭が冷えてきます。

 

毎日のように3時はかき氷でした。

 

 

 

 

夏だけのお楽しみ。

 

 

 

 

 

 

となりの食卓

となりの庭は青い…といいますが、

 

よその食卓の様子も、素敵な風景ですね。

 

今回、お酒好き・お料理好きなあの方の食卓の様子、ご紹介いたします。

 

写っている陶器は、全て中里隆、中里太亀の器です!

 

 

白磁豆皿、焼〆輪花向附 隆作  

 

お料理は手料理!!

 

2月に伺ったので、節分のお豆がのってます。

 

 

 

皮鯨輪花向附 太亀作

 

 

 

 

南蛮ぐい呑、黄唐津輪花向附 太亀作

 

お料理屋さんのように丁寧に作られた和食。

 

お味も、とっても美味しかったです。

 

そう、おごちそうになったのでした。

 

 

鉄釉皿 太亀作   アセロ釉松皮菱鉢 隆作

 

 

 

粉引布目地皿 太亀作

 

 

 

テラシッジ四方鉢 隆作

 

 

 

三島飯碗 太亀作

 

こちらは、お買い上げになった器に、料理を盛り付けたところ。

 

器は料理を盛って完成・・・・してますね。

 

筋目向附 太亀作

 

 

 

凄すぎます。

 

 

 

 

こちら、中里隆の鉢。

 

とても使い込まれています。

 

 

 

 

三島大皿 太亀作

 

 

 

 

 

しのぎ文鉢 太亀作

 

 

 

 

 

 

 

粉引片口向附 太亀作

 

 

 

 

 

すき焼きをしたときの取り皿でした。

 

空心菜をさっと煮て・・・美味しかったですよ。

 

 

 

 

大人数だと、鉢物が重宝しますね。

 

 

皆様は、どんな使い方をされていますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

杏ジャム

庭の杏の実が、今年は沢山実りました。

 

ここのところ、毎日のようにジャム作り。

 

甘さをちょっと控えて、ジャムというよりソース。

 

ヨーグルトにかけると爽やかな酸味が広がります。

 

 

 

 

 

 

毎日繰り返すこの作業ですが、美味しいのを知っているだけに

 

放っておけません。

 

 

煮詰めすぎると、色が悪くなるので、手早く!

 

 

 

出来上がり〜(ホッとします・・・)

 

 

 

では、ヨーグルトにかけて・・・・

 

 

普段使いの、粉引のうつわで 頂きます!

 

この器、スープに、ヨーグルトに、取り皿にと、大活躍です。

 

シンプルだからこそ、気に入ったフォルムを選びたいもの。

 

 

 

あなたはどんなお気に入りで召し上がりますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明けまして、おめでとうございます。

 明けまして、おめでとうございます。

 

今年も、どうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

今年も穏やかに新年を迎えることができました。

 

皆様はいかがだったでしょうか。

 

あっという間の年越しでしたが、

 

気持ちも新たまったスタートとなりました。

 

 近所の宗田さん手製のしめ飾り

 

 

 

元旦

 

のん兵衛の男衆は、昼からお酒!と、大喜び。

 

 

やはり、正月の刺身はブリで。

 

 

 

朱塗りの器に盛り付けて、主婦お助けお節風。

 

つまんでくださ〜い。

 

 

 

おめでたい色の黄唐津の小鉢に黒豆を。

 

 

大好きな南蛮小皿に数の子を。

 

 

蕎麦猪口にナマコを。

 

ブリの味噌漬けも焼いて・・・お酒が進みます!

 

 

〆は雑煮。

 

澄まし汁に、かつお菜、餅、蒲鉾、椎茸、柚子皮、

 

これだけのシンプルな雑煮です。

 

お昼から酔っ払いの中里家でした。

 

 

 

今年も、皆様に、お世話になることと存じます。

 

どうぞ、よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

餅つき

12月28日は、毎年恒例の餅搗きでした。

 

若い助っ人3人も参戦で、とても助かりました。

 

 

 

新弟子の下村君、初めは恐る恐るの手返し・・・

 

がんばれ〜〜

 

 

 

餅搗きの時の男性陣、みんなとても力強くてカッコイイですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

男性ばかりではありません。

 

女性スタッフもがんばりましたよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仲良し搗きや・・・

 

 

 

親子搗き・・・

洋々閣から、かわいい助っ人です。

 

 

姫搗き・・・

 

 

 

 

学業をがんばる彼は、ここ数年で、とても頼もしく、たくましくなりました。

 

感無量です。

 

来年も頑張ってくださいね!

 

 

…という間に、初めての経験だった下村君、

 

すっかり手返し名人になったのでした…1日で!!!

 

 

 

 

丸めて丸めて・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年のおもちの、美しいことと言ったら。

 

見て良し、食べて良しの器量よし。

 

すぐに流れたりしない、引きの強いおもちになりました。

 

みんなの力の結晶ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

夕方は、囲炉裏を囲んで網焼きパーティー。

 

皆様、一年間お疲れ様でした。

 

 

 

来年もよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

轆轤場より

年の瀬の轆轤場の風景です。

 

今年は、アメリカに行かなかった中里隆。

 

せっせとマグカップを製作中です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

隣はというと、次回の展覧会に向けて、これまたせっせと制作に励んでおります。

 

年末・・・とか、年始・・・とか、あまり関係ないお二人でした。

 

 

 

 

 

 

 

唐津の年の瀬は、ちょっと寒が緩んできました。

 

 

唐津焼、もっと気軽に

暑い日が続きます。

 

エアコンのない母屋のリビング・台所では、扇風機が回りっぱなしです。

 

 

苦瓜、茄子、獅子唐、ピーマン、トマト、キュウリ・・・

 

毎日、夏野菜が食卓に並びます。

 

特に畑でとれたトマト、キュウリ、獅子唐は絶品です。

 

野菜は薬…ですからね。

 

 

 

 

 

冷蔵庫にあった野菜を、作り置きのミートソースで炒めました。

 

夏の料理!!という感じです。

 

ちょっとピリ辛にして。

 

絵唐津輪花鉢にも、合いますよ。

 

 

 

畑のトマトは、毎日頂きます。

 

生で、炒めて、スープに・・・何でもおいしくしてくれます。

 

 

 

一品は加えたい、汁物。

 

 

粉引碗で。

 

暑い時こそ!の、スープ。

 

お出汁にトマト、アスパラ、小松菜を入れ、塩コショウで味付けを。

 

ねぎを散らして、お好みでオリーブオイルを数滴。

 

ホッとする味わいです。

 

 

 

 

お皿を片付けていて気付きました。

 

取り皿として使っていました刷毛目平皿、

 

5枚重ねてもこの高さです。

 

 

 

 

 

便利だわ〜。

 

この日、改めて感じ入ったことでした。

 

 

 

 

唐津焼、気軽にお使いください。

 

 

 

 

 

 

お昼のティータイム

このごろは、昼食の後にウーロン茶を頂いてます。

 

太亀さんお手製の茶器で、ゆっくり頂いています。

 

 

 

小さな茶杯でお茶を頂き、

 

その後には、独特の華やかな香りを聞きます。

 

何とも言えない香りに、酔いしれています。

 

 

 

 

 

 

 

体の中から、とても温まります。

 

余分な脂肪も、流してくれるかな・・・・。

 

 

 

 

皆さんは、どんなお茶の時間を楽しんでいますか?