隆太窯アルバム

唐津は見借の山奥、隆太窯の器や四季を日々の生活とともに。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
おすすめ
アルフォンシーナと海
アルフォンシーナと海 (JUGEMレビュー »)
波多野睦美&つのだたかし,波多野睦美
これまで
スタッフ
 
top   |  work   |  blog   |  exhibition   |  access   |  link   |  gift   |  concert
窯焚きです!

10月6日 秋の窯焚きが始まりました。

 

準備は万端整いましたよ。

 

 

 

火入れは、関東からお越しのお客様にお願いしました。

 

みんなで成功を祈りましょう。

 

 

 

 

 

恒例の手羽先も、並びました。

 

燻製、良い感じです。

 

 

 

 

 

 

そして翌日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モカも、手伝ってるつもり??

 

 

 

 

 

 

窯焚きは、本日10月7日夜まで続きます。

 

釉薬の部屋のみの焼となります。

 

どんなものが出てきますやら・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

器つくり | 16:29 | - | -
機械

暑い暑い中です。

 

そんな中、弟子の下村君が何やら作業をしています。

 

強健な機械のそばで。

 

 

 

一体これは・・・何でしょう・・・

 

 

 

 

 

 

 

実は、この機械はフィルタープレスなのです。

 

土を撹拌した後、この機械に通し、滑らかな粘土を作るのです。

 

 

 

 

このように、一枚一枚の円盤の間に、ドーナツ型の粘土が出来上がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

丁寧に説明してくれる下村君。

 

 

倉庫に並べて仕舞います。

 

 

 

 

 

今日は、みんな、勉強になりましたね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

器つくり | 16:38 | - | -
線刻文

今年も暑い暑い夏です。

 

さて、この日の轆轤場では・・・

 

いつもに増して真剣なまなざし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

線刻文!

 

近視と老眼の眼で、過酷な作業でしょうか・・・。

 

 

うら若き(?)弟子も、真剣に(必死に)取り組んでおりました。

 

なかなか手のかかる作業です。

 

慎重に、慎重に・・・。

 

 

出来栄えは、また焼き上がったときのお楽しみですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

器つくり | 14:33 | - | -
新 登り窯

先月末、新しい窯に火が入りました。

 

とても小さな薪窯ですが、土台から作った思い入れたっぷりの窯です。

 

 

 

 

 

隆太窯の若い衆3人が、力を合わせて頑張りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、窯焚き!

 

 

 

結果は、まだまだ研究が必要という段階です。

 

どうぞ、今後をお楽しみになさっていてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

器つくり | 16:11 | - | -
新窯、窯焚きです!

昨年末より、制作しておりました新しい薪窯が、完成しました!

 

昨日、ようやく火入れとなり、本日(4/26)一日中、窯焚きしております。

 

 

土台のコンクリートを入れるところからの制作となり、なかなか大変な作業でしたが、

 

ようやく火入れの運びとなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、結果はいかに。

 

楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

器つくり | 01:01 | - | -
窯焚き、窯出し

2019年、今年初の窯焚きがありました。

 

寒い中での窯づめは、大変だったと思います。

 

ようやく火入れ・・・。

 

 

 

 

乾燥した木は、すぐにぼうぼうと燃え上がりました。

 

 

 

 

 

 

みんなで窯焚きの成功を祈願して。

 

 

 

 

そして、窯焚きは順調に終えることができました。

 

 

 

はい、窯出しです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

重ねて焼くことで、美しいよ窯変が生まれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の窯焚きは、大成功・・・のようです。

 

みんなで研修中。

 

次回のために・・・。

 

 

 

 

 

 

器つくり | 19:23 | - | -
窯出し  9月

昨日、15日の午前中に、窯出しがありました。

 

まだまだ蒸し暑い日に、みんな総出のバケツリレー。

 

汗だくになりました。

 

 

 

釉薬の間

 

 

 

窯出しの様子より

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薪を入れるたき口には、試しに出した器が・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、反省や研究の時間。

 

男子4人で、会議中?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の窯焚きの成果は…いかがだったでしょうか。

 

 

 

 

 

器つくり | 16:22 | - | -
秋の窯焚き

9月9日(日)の夕方から、窯焚きが始まりました。

 

 

 

準備を万端整えて・・・。

 

 

 

火入れは、新人のエバラード考二くん。

 

大学を休学して、1年間の研修ということで入ってきました。

 

いつも、嬉しそうに、泥まみれになって働いています。

 

 

 

この夏の乾燥からか、一瞬のうちにめらめらともえ上がりました。

 

こんなの初めて・・・!

 

 

窯より、燻製を気にしていますか・・・?

 

 

その夜は、一の間、二の間・・・と、薪を入れました。

 

 

 

 

 

太亀さんは、総監督。

 

 

 

 

 

 

若者3人が、てきぱきと動きます。

 

 

 

やはり泥だらけの考二くん。

 

 

 

今朝の様子。

 

温度の上がり具合を見ながらの薪の調整です。

 

下村君が頑張ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

窯焚きは、今日の夕方まで続きます。

 

器つくり | 10:49 | - | -
刷毛目三島皿

この日は、刷毛を使った作業中でした。

 

ずっと見ていても飽きない作業・・・

 

ちょっと様子をご紹介しましょう。

 

 

まず、お皿の裏の方から、刷毛で粉引の釉薬を塗ります。

 

 

 

 

 

 

 

それが終わると、表にひっくり返し・・・

 

 

 

 

また、粉引の釉薬をかけます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今度は水をしたためた小さ目の筆に替えて、・・・

 

 

 

 

 

 

釉薬を薄くしたいところをなでます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、後日・・・

 

 

 

 

こんな風に焼き上がりました!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

器つくり | 16:28 | - | -
轆轤場より

今日の轆轤場。

 

小春日和が続いていましたが、今日は寒の戻りでした。

 

ちょっぴり寒い轆轤場の中で、さまざまな作業が続きます。

 

 

 

 

マグカップを作ったり、窯物の湯呑を作ったり・・・。

 

 

太亀さん、絵唐津湯呑の絵付けをしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

簡単そうで、なかなか難しいこの作業。

 

釉薬を素焼きの器にのせる感じですから、絵具のようには滑らかには描けません。

 

細い線、太い線、さまざまに筆を使い分けながらの作業です。

 

 

出来栄えはいかに!

 

焼き上がってからのお楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

器つくり | 17:50 | - | -