隆太窯アルバム

唐津は見借の山奥、隆太窯の器や四季を日々の生活とともに。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
おすすめ
アルフォンシーナと海
アルフォンシーナと海 (JUGEMレビュー »)
波多野睦美&つのだたかし,波多野睦美
これまで
スタッフ
 
top   |  work   |  blog   |  exhibition   |  access   |  link   |  gift   |  concert
『ろばた』 食事会
行ってきました!!『ろばた食事会』!!!

土屋英二さんによる美味しい和食と、焼物好きな楽しい方々・・・。

お陰様で、盛況のうちに終了しました。

では、ちょっとだけご紹介いたしましょう。







粉引豆皿には海鼠、焼〆梅形小鉢には煮豆です。

お酒がスタートです。







三島平皿には、酒の肴が満載です。

蛤とウニ、イカ、イワシ、菜の花、

そして左上の薄ピンク色の物は、唐津産イノシシの炭火焼、柚子胡椒添えです。









絵粉引六角向附には、平目の昆布〆、岩茸と山葵です。

煮物椀・・・この時期と言えば、白子!

この白子の白味噌仕立てでした。

最高でした!






そうこうしているうちに、土屋さん登場。

炉の炭火で、焼き魚です





・・・・もう、見た目で凄すぎますね・・・。

この景色で、またまたお酒が・・・・




 三島平皿






斑唐津櫛目片口向附には、炊き合わせが。

蕪、金時人参、小松菜、鶉丸。

お出汁が上品で、これまたお酒がすすみます・・・・



黄唐津小鉢は、今回個展会場にて完売でした。

あでやかな色ですね。





カニの山芋仕立てです。

この山芋は、唐津の自然薯です。

2日前に送りました。

土屋さんの手に掛かり、お味もとても上品で、

良い粘りでした。




まだまだお料理あったのですが、写真を撮っておりませんでした。

酔っ払いの私をお許しください。

興味のある方は、是非、ろばたへお出かけくださいね。


参加してくださった皆様、ありがとうございました。

また来年、ろばたでお目にかかれるのを、楽しみにしております。










 
食事会 | 10:57 | - | -
食事会 in スタジオK
5月24日の土曜日の夜は、大分市内の とある料理教室に潜入しておりました。

スタジオK のケイコさんのお宅です、

ケイコさんは東京に在住の方ですが、もともと大分ご出身で、地元でも単発で料理教室を開いておられます。

今回の個展のことから、たきさんの器を使った食事会を開きましょう・・・と、提案してくださいました。


この食事会では、手作りの洋食をいただきました。


 空豆のムースとウニ











鉄釉の平皿を使って、オードブルを取り分けました。

大分の海の幸が並びます。

どれも新鮮で美味。




シックな色合いです。

このとこぶしの味が、濃いことといったら!

さすがは、海の側の街です。

『地中海の唐墨』も、コクのあるお味でした。




こちらのハムも、ワインとよく合って・・・・、

太亀さん、幸せモード全開です。




 南蛮ドラ鉢

こちら、珍しいパスタです。(もちろん手打ち)

サフランを混ぜ込んであるそうです。

そして、ソースはというと、タコのみじん切りを使ってありました!!!

さっぱりとして、しこしこパスタのお料理でした。




 三島鉢

こちらも、パスタです。

アスパラ菜とシバエビのむき身がたくさん入っているクリームソースです。

パスタの作り方も習いましたが・・・まだ実践していません・・・。



 宴もたけなわ!

ケイコさんが、「もうパスタはいいわね・・・」とおっしゃったのですが、

有るのならぜひ!とおねだりしたのでした。

クリームを使わないカルボナーラなのだそうです。

このパスタもまた、美味しいのなんの!

麺好きには、たまらない食卓でした。


みんなで少しずつ頂きます。

ワインも進んで・・・



 筋刷毛目鉢

こちらの鉢は、以前、イチヨーさんで購入してくださった、ケイコさんの私物です。

写真が悪くて、申し訳ありません。








地鶏とジャガイモ、パプリカの煮込み料理です。


 三島皿

太亀さん定番のこの三島皿には、煮込み料理を取り分けて。

ローズマリーが利いていましたよ。



 刷毛目平皿、粉引花形湯呑

デザートはシャーベット。

地元産の桃を使ったものだそうです。

爽やかな香りが、口の中に広がります。


 ティラミス

もう一品。

大人のティラミス。

上品な甘さが広がりました。

コーヒーも頂いて、幸せな夜も終わりです。

お話にも花が咲き、時間が経つのもあっという間でした。

そんなこんなの人とのつながりや会話で、大分県がとても身近に感じるようになりました。


地元を好きな人が、にこにこ暮らしているところ・・・・そんな所が魅力のある土地なのだと実感しました。

よそへ行って初めてわかること・・・でしょうか。

そんな、様々な土地で、太亀さんの器が役にたっている・・・地に足がついた感じがして、嬉しいばかりです。

また、大分や別府の空気を吸いたい・・・。



ケイコ先生、本当に色々ありがとうございました。




















 
食事会 | 13:17 | - | -
食事会 in 冨士屋Gallery一也百
冨士屋Gallery一也百にて開催されたお食事会の様子を、ちらっとご紹介いたします。


こんな広いお部屋に、私たちも入れて20名ほど集まりました。

こちらは、前日、コンサートが開かれた会場です。





お料理担当は、オーナーの知人の方。

太亀さんの器を見て、お料理も考えてくださいました。










器の準備と打ち合わせをして・・・・・







当日、オーナー心入れのセッティング。




大分の酒蔵 小松酒造場・小松潤平さんが、『豊潤』というお酒をご紹介くださいました。

おかげで、お料理も会話も、華やぎました。


先付に、日出産筍地獄 鉄輪石昌蒸し から始まり・・・

前菜は三種の小鉢で。



 小鉢三種


 焼〆ドラ鉢(焼き物 鯛の塩釜焼)



 絵粉引鉢(箸休:シャーベットのキャンディ巻き)


この他、向附には50度洗いした、太刀魚の刺身などを含め、

珍しいお料理を9品もいただきました。

会場の皆様も、舌づつみを打たれていました。


安波さん、お料理に携われた皆さん、そして、お酒担当の小松さん、

盛大なる食事会を、ありがとうございました。



一也百、10周年、おめでとうございます。














 
食事会 | 11:24 | - | -
ゴールデンウィークは、唐津へ!!
鶯が鳴きだし、ようやく春がやってまいりました。

季節の変わり目、まだまだ油断はなりませんが。


さて、今年のゴールデンウィークも、唐津は賑やかになりそうです。

『唐津やきもん祭り』が開催されます。

隆太窯でも、さまざまな企画を展開いたしますので、皆様ぜひご参加ください。

詳しいことは、こちらをご覧ください。



なんだか、楽しい連休になりそうです・・・。





 
食事会 | 16:57 | - | -
隆太窯の昼下がり  10月7日・8日
 先日開催いたしました、『隆太窯の昼下がり』

大盛況のうちに終える事が出来ました。

10名ほどで過ごす食事のひと時は、楽しく、充実したものとなったのではないでしょうか・・・。

とは言え、不備も色々あり、御迷惑もおかけしたかもしれません。

皆様の深くて広い懐をお借りして、何とか終えたというのが、本音でしょうか。





口取りに、銀杏とばい貝を。

向附は・・・・鯛です。

 鯛の昆布〆


今回、骨、頭は、潮汁に仕立てました。

たっぷりの白髪ねぎとブラックペッパーで頂きました。




 炊き合わせ

熱々の焚き合わせは、里芋、牛蒡、椎茸、モロッコ豆、車海老。

全て唐津産です。(ほかの料理のお野菜も)

新鮮、とれたてが何よりです。


焼き魚は、鰆の幽庵を炭火で焼いて。



 貝の酢の物



酢の物に加え、シンプルな、小松菜と椎茸のお浸しも。

お野菜たっぷりです。



 一口鮑、オクラ

八寸は、台鉢で。





 金平牛蒡

こんな家庭料理も、みんなで頂くと美味しいこと!


〆に、ご飯とお漬物。


お酒のすすむメニューでした。



この食事とお酒の後の抹茶の、なんと美味しい事か!!!

そこのところは、全員一致の意見のようでした。



次なる会は、・・・まだまだ未定です。

お楽しみに。











食事会 | 15:00 | - | -
大忙しです。
  アサリ




 片口鰯





 フキ




 山椒の芽




旬の食材を使って、大忙しです。

そう、柿傳ギャラリーへつまみを持って行かなくちゃ。





 鯵




干物は、お酒のつまみにぴったりです。






鮮やかに、リズミカルに、丁寧にアジの開きを作る太亀さん。















こちらは何でしょうね・・・。

お楽しみに。







きれいに並んでいます。










今日はからっとしたいいお天気でした。

絶好の干物日和。

楽しみな宴会を思い浮かべながらの、愉快なひと時です。












食事会 | 02:02 | - | -
『銀すし』
先日、銀すしさんに、出張握りをしてもらいました!!

自宅がよそ行きの顔に!!

とても贅沢な時間です。

お客様も、ドキドキしながら、心待ちにしていました。







プロの仕事ぶりを拝見出来るのも、こちらとしては興味深い経験です。





今日のお向うは、近海物の鰤。

おろしたてのワサビの香りが、お酒を更に美味しくしそう・・・。

うちの南蛮梅形向附が、しっとり濡れてきれい・・・・なんて。(自画自賛!)












包丁さばきも美しい・・・。

何より、大きなまな板の綺麗なこと。

手入れが行き届いた道具に、またまたほれぼれです。


とても驚いたこと。

スタートの時間40分前位にお見えになったのですが、

まだお米も仕込まれておらず、幽庵焼のマナガツオもつけ汁に漬けこまれてもいません。

6時半スタート・・・・この時間に合わせて、全てを、全てを一番美味しく召し上がれるよう仕込まれるのです。

自分が楽なように、ではなく、お客様本位に動かれる姿に、改めて感動です。

それも、とても落ち着いて…。

バタバタ慌てふためく自分に、反省・・・・。















写真には写っていませんが、お浸し、炊き合わせ、マナガツオの幽庵焼などの料理の後、

握りたての美味しい鮨をたらふく頂きました。

時間を逆算して炊かれたシャリはほの温かく、口の中で優しく溶けていきます。




鮨に関して熱い方は、沢山いらっしゃると思いますが、

中里隆絶賛の『銀すし』、

一度体験してみませんか?

その優しい味わい、素朴なこだわりに、とりつかれる方も続出です。



とにかく、幸せな一晩でした。



今度は、素敵なお店に 伺いますね〜!




銀すし 0955-56-8288    地図






食事会 | 09:56 | - | -
『ろばた』 追加
 先日、ろばたにてご一緒しました、韓国料理教室の先生が、

その時の様子をブログにアップされておりましたので、ご紹介いたします。

『今日も食べようキムチっ子クラブ』

ろばたの雰囲気が、伝わったでしょうか?


『中里太亀の器で』のコースは、本日までとなりました。

沢山の御利用、ありがとうございました。

会期中、2回、伺ったのですが、何度頂いても、お腹にもたれず、飽きもしない・・・。

やはり、純正なるお食事・・・ということなのでしょうか。


同席いたしました皆様、楽しいひと時をありがとうございました。

ふぐの白子焼の追加の時には盛り上がりましたね。

「2と2と1で、あわせて6ね〜!!」
(相当酔っておりました!?)


普段のろばたも、中里隆、太亀の器はもとより、さまざまなこだわりの器でお料理を出してくれるお店です。

どうぞ、機会がございましたら、是非お出掛け下さい。









会期は終了いたしました。

沢山の御参加、ありがとうございました。









食事会 | 09:29 | - | -
『ろばた』お品書き
 先日、嬉しいファックスが来ました。







『ろばた』 での食事のお品書きです。

おいしそ〜〜、と、この一枚でひれ酒一杯。

焼き上がったばかりの器で、お試しでした。





 刷毛目蓋物(太亀作)

あっという間になくなりました。




お品書きを眺めつつ・・・

 鉄釉鉢、焼〆鉢(隆作)





今が旬の、甘い白菜を熱々で。

子供たちには、クレソン入りチャーハンなど。



 絵唐津鉢(太亀作)



ほうれん草のお浸しも。


野菜をたっぷり頂きましょう。





この日の〆は・・・・







 刷毛目どんぶり・中(太亀作)


はい、こちら。

葱と柚子胡椒入りの温かいお蕎麦でした。

あったか、ほっこり・・・・小さなしあわせ。











食事会 | 14:39 | - | -
『ろばた(呂者堂)』・・・楽しい企画
 来月2月3日より、東京は銀座の万葉洞七丁目店にて、 

『中里太亀食器展〜寒い冬ほっこりと〜』 を開催いたします。

作品紹介ページ

まだまだ、ほっこりの作品が焼き上がっておりません。

順次掲載いたしますので、チェックをお願いたします。





さて!!!

またまた『ろばた』にて、楽しい企画です。



『ろばた』のお食事に、中里太亀の器を使って頂ける事となりました。

出品作品も含まれます。

この機会に、是非、ご予約下さいませ。





期間 :  1月30日(月)より、2月10日(土)まで。
      (なお、2月5日(日)も、営業いたします。)



お食事  昼の部(12:00〜1:30)   すっぽん雑炊 2500円(税込)

     夜の部(17:30〜 )     10,500円(税込)
                    13,500円(税込)(ふぐ白子塩焼付)


 
ろばた(呂者堂): 03-3571-4047


 
小さなお店ですので、必ずご予約お願いたします。

尚、御予約の際には、『中里太亀の器で』と、お申し付けください。






 去年のろばたより ふぐの白子塩焼





 おととしのろばたより 香の物




 刷毛目蓋物碗




 刷毛目どんぶり(小)

ほか数点。


何が盛りつけられるやら・・・・・。

お楽しみ。






会期は終了いたしました。

沢山の御来場、御参加、ありがとうございました。



    
食事会 | 10:47 | - | -